CSR経営

改善への取り組み

滋賀、浜松の両工場ではグループによる改善活動を継続しており、半期ごとの全社発表会で優秀チームは表彰されます。『光(喜び)の発見』をスローガンにしたこの活動を通して、メンバーの連帯感が高まっています。

改善テーマの分野

【テーマの具体例】

  1. 仕込時の作業者への負荷軽減
  2. フレコン作業における作業環境改善
  3. 3Sから始める作業環境改善
  4. 品質不具合の撲滅
  5. 日当たり生産量の向上

改善活動の歴史と活性化に向けた取り組み

当社は2005年に設立し、その翌年の2006年からグループ改善活動は始まりました。
その活性化のために、QCストーリー勉強会や個々がQC検定を受け資格取得をする活動を実施しています。

QCストーリー勉強会風景

新入社員はスキル取得、
ベテランはスキルの再チェックの為に多くのメンバーが受講。

QCサークル活動

積水フーラーでは、各職場内で品質管理活動を行うQCサークルのチーム活動を行い、QC手法を活用して職員全員で自発的に職場の管理・改善を行っています。

発表会後の講評風景

発表内容の講評に加えて指導員の先生からQC活動の考え方についてレクチャーがありました。