製品情報

セキスイ 変成シリコーンLM-NEW

セキスイ 変成シリコーンLM-NEW
主成分 変成シリコーンポリマー
外観(性状) ペースト状
カラー 5色/ホワイト・アイボリー・グレー・アンバー・ブラック
標準塗布量 約12~13m(φ5mm)/本
容量・形態 333mlカートリッジ
梱包数 1箱(10本入)/1梱包
2箱(20本入)/1梱包(PPバンド掛け)

建築基準法に準拠したホルムアルデヒド放散量登録認定機関
  • SDSダウンロード申請フォーム
  • カタログダウンロード

施工動画

製品概要

  • 紫外線に強く(当社従来品の2倍)、変色・汚染・ひび割れ・変形などが起りにくいです。
  • ALC板、軽カル板などの表面強度の低いものや、伸縮の大きい目地に最適です。
  • 低モジュラスのため、柔軟性、伸び、追従性に優れ、内部応力(接着面にかかる力)が小さいです。
  • 窯業系サイディング、ALC、コンクリートと、各種材料との接着性に優れる。
  • シーリング施工後に水性系、溶剤系、リシンなどの塗装ができます。

用途

  1. 窯業系サイディング、ALC、コンクリート二次製品などの伸縮・打継ぎ目地のシール。
  2. 一般建築物の外装目地、サッシ廻りや金属屋根材などの取合い目地のシール。
  3. 専用プライマーを使用することにより、各種材料の目地シールが可能です。

※透明ガラス・透明プラスチックなど接着面に日光が直接当たる用途には使用できません。

使用方法

  1. 充填箇所の油・サビ・汚れ・ほこり等を取り除いて、必ず乾燥させてください。
  2. マスキングテープ(養生テープ)を、充填箇所の目地際に沿って貼ってください。
  3. 充填箇所の接着性・耐久性を高めるために、下地処理剤としてセキスイ シリコーンプライマーをご使用ください。(被着体の材質、表面の状態により接着性が異なりますので、必ず適合するプライマーをご使用ください)
  4. ネジ式ノズルをはずして、ノズル先端を適当なサイズにカットしてください。(ノズル穴径は、φ3㎜以上でご使用ください。)
  5. 防湿膜を完全に突き破ってください。
  6. ノズルをカートリッジに取付けてください。
  7. 本製品をカートリッジ用ガンに装着し、目地の隅まで行きわたるように充填してください。

施工時の注意事項

  • ぬれた状態、汚れが付着した状態での施工は避けてください。はく離の原因となります。
  • 低温時や多湿(結露)時の施工は避けてください。硬化や接着不良の原因となります。
  • プライマーを使用する場合、充填箇所に適量を塗布し、表面が乾いてから、本製品を充填してください。
  • ポリウレタン系の製品と、本製品を同時に使用しますと、ポリウレタン系の製品が硬化しないことがありますのでご注意ください。
  • 大理石・御影石などに使用した場合、産地によって石材が汚染されることがあります。
  • 本製品に塗装する場合、本製品が表面硬化後から1週間以内までに、なるべく早く塗装してください。(可動目地には使用できません。)
  • 塗装の種類・銘柄によっては、適合しない場合があります。あらかじめ確認の上ご使用ください。(特に油性系、アルキッド系の塗料には適合しません。)
  • 強力な洗浄剤や薬品類などの接触により、本製品が汚染されることがあります。
  • 硬化物の適応温度範囲は-30〜90℃(一時的)で、通常の自然環境にさらされる場合を想定しています。
  • シーリング材の打継ぎにおいて、本製品はシリコーン系には接着しません。
  • 長時間水に浸積するような部位には使用できません。
  • 目地からはみ出した部分やシーリング材の厚みが1mm以下の薄い部分には塗装できません。
  • 薄層部は紫外線による劣化を受けやすいため、薄層部が残らないように施工してください。

取扱時の注意事項

  • 取扱い時には、作業衣・保護眼鏡・保護手袋などを着用してください。
  • 本製品を長時間多量に吸入すると、健康を害するおそれがあります。必ず換気をよくしてご使用ください。
  • 目に入った場合は、直ちに流水で15分以上洗い流し、医師の診断を受けてください。コンタクトレンズ使用者は、できる限りコンタクトレンズを外して洗眼してください。
  • 長時間、皮膚に付着したままにしないでください。すみやかに付着物を拭き取り、水と石ケンでよく洗い流してください。
  • 開封後はすみやかに使い切ってください。
  • 直射日光を避け、湿気の少ない冷暗所(5〜35℃)で保管してください。
  • 本製品は建築・土木向けに開発・製造されたものです。記載のシーリング用途以外には使用しないでください。記載用途以外 に使用される場合は、貴社において事前にテストを行い、目的の性能及び安全性について適合するか、よく確認の上、ご使用ください。

※その他、ご不明な点は、カタログ・安全データーシート(SDS)をご参照ください。

  • SDSダウンロード申請フォーム
  • カタログダウンロード